英会話・TOEIC・TOEFLなら広島市中区のウィルイングリッシュスクール、スピーキングとライティング添削でTOEFL対策に底力

T O E F L 対策とは

最終的にTOEFLが求めるものは?

Toeic,Toefl図形

iBTテストの特徴

1)英語を使う能力の診断に焦点をあてた、英語が母国語でない人々の英語力を測るテスト。
2)RLSWのどのセクションでも、基礎力のあることが前提の設問になっています。
3)SpeakingセクションとWritingセクションでは、in put(reading, listening)と
out put( writing, speaking)の力が、複合して診断(integrated task)される。
4)リーディングでは、難かしいものはskipして、後で答えられる。
5)リスニングでは、くだけた口語表現、複数の国の異なる発音も使われる。
6)Speakingセクションでは、マイクに向かって話し、音声が録音される。
7)全セクションでメモを取ること(Note-taking)が出来る。
8)テスト結果は、数値だけでなくスコアの意味 (Performance Descriptor)が示される。
9)3-4回実施される同月内に、複数回受けられる(受験日翌日から7営業日目から可)。

iBTテストのあらまし


Reading

問題形式:   各700語位からなる 3-5の文章
        を読んで、各12-14の設問に答える
       (選択問、挿入問、分類する問題など)
時間:     60-100分
配分スコア:  0-30



Listening (マイク付ヘッドセット使用)

問題形式:   各約3分の会話 2-3を聞いて各5問に答える
        各3-5分の講義 4-6を聞いて各6問に答える
        (選択問、表の完成問など)
時間:     60-90分
配分スコア:  0-30



このあと休憩10分

Speaking (マイク付ヘッドセット使用)

問題形式:  1) Independent Tasks 2問    15秒準備して45秒話す
          (好みとその理由、支持意見とその理由について)
       2) Integrated Tasks(受取能力と発信能力を同時に診断) 計 4問
          a) 読んで聞いて⇒話す  2問  30秒準備して60秒話す
            (大学生活想定での要約問、講義想定での返答問)
          b)聞いてから⇒話す  2問  20秒準備して60秒話す
            (大学生活想定での要約問、講義想定での返答問)
時間:     約20分
配分スコア:  0-30



Writing (キーボード打込、手書きはできません)

問題形式:   Integrated Task 1問
            読んで、聞き⇒150-225語でまとめて書く
               (要約問)
時間:      20分
問題形式:   Independentd Task 1問 300語位の作文
           (自分の意見を表現するessay)
時間:     30分
配分スコア:  0-30



時間合計:       4-4時間半
スコア合計:      0-120

Toefl テスト日本事務局

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional