英会話・TOEICなら広島市中区のウィルイングリッシュスクール、発音矯正、ビジネス英語、ビジネスライティングが習えます

Business 英語

ビジネス英語とは?  

「ビジネス英語」と統一された定義はありませんが、自己/会社/商品/サ-ビス
の紹介から始まり、さまざまな提案/要求/謝罪の仕方、経理上の表現などを
踏まえ、さらに調査方法、問題点発掘とそれについての対処プラン、会議の設定、
交渉の鍵となるクロ-ジングの方法など、対話を通じての表現方法をトレ-ニング
していきます。

ここで、一般の英会話と異なるのが、上記の事柄が話せるだけでなく、テンプレ-ト
に頼らずに、自分のことばで書くことによっても意思疎通が可能か?ということです。

プレゼンテーションについては、マナ-や表現方法を習うだけでなく、実際の
経験の積み重ねによってこそ、スキルが生きてくるのは言うまでもありません。

基本的な日常表現といわゆる「ビジネス英語」はまったく別物だと誤解されている
方が少なくないのですが、少なくともオ-ラルで中学英語を自由自在に操れる方なら、
「え、これがビジネス?」と大半の表現に特別ネ-ミングの必要性を感じないでしょう。
まず普通に歩き走れることが大切で、障害物競走や走り幅跳びは次でよいのです。

別の言い方をすると、個々の企業で業務上の語彙や専門知識を理解し、それらを
活用するには、TOEICで860以上(ランクA)の実力があれば、実際の企業で
意思疎通に不自由することはないでしょう。この事実はTOEIC委員会の公式統計
でも繰り返し述べられています。
(例えば医薬、各種製造業、貿易、証券金融、通信、サービス、建設土木等
あらゆる業態、職種で幾多の専門英語が存在しますが、基本となるのはあくまでも
通常のコミニュケーション能力で、実務能力は研修やOJTによって養成されます)

日常生活を英語で聞き、話し、読み、書ければ、ビジネス英語と騒ぎ立てる?
必要もないことにお気づきになることでしょう。

このことは、新卒新入社員であっても、日本語での読み書きができれば
「ビジネス日本語?」の有無を問題にされることなく、誰でも実務研修で
仕事が始められることから、容易にご判断頂けるのではないでしょうか?

   

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional